海外銀行口座で金利生活

カンボジア・ベトナム・インドネシア・トルコ他

コラム

【現代版】素人でも個人旅行の完成度を高める方法

更新日:

こんにちは、【海外銀行口座で金利生活】のSHUN(@ kaigaikinri )です👍



12月ということで最近はAmazon Echo Dotで
クリスマスステーションを聴きながら作業しています。

AIスピーカーは気分の移り変わりに合わせて
声だけで音楽を変え(ら)れるので重宝してます。



♪さようならを決めたことは けっしてあなたのためじゃない
 不安に揺れるキャンドル 悲しかったから♪

今日
「アレクサ、クリスマスソングかけて」
と言って最初に流れたのが

辛島 美登里(からしま みどり)の
サイレント・イヴだったので

中学時代の好きな子がいたクリスマスを思い出して
少しセンチになっているところです。

それはさておき私は今、

 

【海外の銀行口座の利息だけでベストシーズンを渡り歩く】

 

を計画中なのですが(詳しくはこちら

その際に必要なのが
旅するスキル」です。

せっかくそれぞれの国で利息が入っても
このスキルが備わってないと
ボロボロになって帰ってくることになるでしょう。

それを楽しむだけのM精神の持ち主ならともかく
今の私が旅に求めるのは「試練」ではなく「快楽」なので
ボロボロに対する欲求は1ミリもありません。

しかし一方で、
ガチガチに固められたプランの上をただ進む旅行は
ラクではありますがそれはそれで「ハプニング性」という
旅の醍醐味を著しく損なっており、

旅程を事前に全て決めてしまうようなラクをしたいともまた
1ミリも思っていません。

・試練は味わいたくない
・でもガチガチに固めたくない

という旅に対する2つの欲求を冷静に書いて見た時
どうもここに矛盾が生じている気がしていました。

ホテル・移動手段・観光など事前に全て段取りする
→安心だがハプニング性、自由度が少ない

ホテル・移動手段・観光などを行き当たりばったりで決める
→ハプニング性・自由度は高いがうまくいかないと痛い

という矛盾です。

色々旅をしてきた経験から言うと
旅は隙間を作るほうが面白いです。



ここに泊まって
ここで食べて
ここを観る

と言った、1つ1つがツアーでガチガチに組まれたスケジュールを回るのは
旅ではなく「作業」という錯覚に陥る時があります。

ただ、その方が安全に効率よく良いとこ取りできるのは間違いないので
決して否定するものではありませんが、私の価値観とは合いません。

もしあなたが、白地図を色鉛筆で塗っていくように、
旅を自由にアレンジしていきたい「個人旅行派」なら、
今の時代は簡単に旅スキルを身につけ(ら)れる時代です。

以前(私が学生時代ですからもう20数年前)は
ネットもなく、東南アジアを旅する上でも完全に
行き当たりばったりでした。

ホテルも直交渉なので、行ってみないと値段や空室状況がわからず
場所から場所の長距離移動手段も、「地球の歩き方」を見たり
現地の人に聞きながら探り探り行っていました。

学生の時はそれが楽しかったと言うのもあるのですが
40を過ぎた今、そのハングリー精神はありません。

と言うわけで今回は

 

【現代版】素人でも個人旅行の完成度を高める方法

 

というテーマで

旅の達人からしたら「知っとるわい」とツッコミがくる
ベタベタにベタな「旅スキルアップ風」サイト・ツールを紹介します。

もっと良い方法があれば逆に教えてください^^



《スカイスキャナー》航空券の予約

https://www.skyscanner.jp

日本から海外、海外から海外の飛行機チケットを探す時
に使えるサイトです。

出発地・目的地・出発日(往路)・現地出発日(復路)を
入力すると、便や値段をいろいろな提供者から検索してくれます。



ただ、値段は刻一刻と変わるので購入タイミングは注意が必要です。

早く買ったから安いというものでもなく、
セントレアーマニラ(フィリピン)往復チケットは
23,000円で購入した翌週に18,000円まで下がっていた
という悲しい出来事がありました。

もちろんその逆もあって、
関空ーバリ(インドネシア)往復チケットが
乗り継ぎありですが40,000円で出されていて

もう少し下がらないか追っていたら結果45,000円に
なってしまっていました。

価格に変更があった際に知らせてくれる
「プライスアラート」という機能もあるにはあるのですが
タイムラグがあるのと、それほど精度が高くない感じがするので
マメにチェックするのが確実です。

ちなみに今年の旅で言うと、

セントレアーホーチミン(ベトナム)・・・往復54,000円
セントレアーバリ(インドネシア)・・・往復57,000円
セントレアーイズミル(トルコ)・・・往復60,000円
セントレアープノンペン(カンボジア)・・・往復39,000円

ぐらいでした。

旅行の日程を自由に組めるのであれば
出発日と到着日を変更してみて他の日と比べて安そうなら
その日でFIX

組めないのであれば、
他の日でいくつか検索してみて、そのルートの大体の相場感を知り
大きく上がっていないのであればそのタイミングで購入するのが
いいのではないでしょうか。

《エクスペディア》ホテルの予約

https://www.expedia.co.jp

トリバゴ、ホテルズドットコムなど、
ホテル比較サイトはいくつかありますが
私はこれを使っています。

どこもそれほど機能に差はないかと思いますが
そのサイトを通して予約するとポイントが付くので
余程、同じホテルで金額が違わない限り
どれか1つに絞った方がいいでしょう。

エクスペディアの場合は利用度数に応じて
ブルー→シルバー→ゴールドとステータスが変化し、
それぞれでポイント付与率が異なります。

さらに、サイトではなくアプリから予約した方が
ポイントが多く付くらしいです。

使い方は簡単で、
滞在先・チェックイン日・チェックアウト日を
入力すれば対象のホテルが一覧表示され
簡単に予約が行えます。



こちらもスカイスキャナー同様、
刻々と料金が変化するのですが
ちょっとお得にする技としては

キャンセル料無料のホテルを優先的に選び
→たまに価格チェック
→安くなっていれば一旦キャンセルし取り直し

すればいいのですが

マメにチェックしないといけないのと、
ホテル側に迷惑がかかっている可能性がないとは言い切れないので
ほどほどに、という感じでしょうか。

《12GO》アジア内のバスや電車移動

https://12go.asia/jp

1箇所滞在型の旅行でなければおそらく、
現地でバスや電車を使った長距離移動が発生するでしょう。

以前はここが一番厄介で、日本にいながらルートや料金を
調べるのがほぼ不可能でした。

が、今は12GOを使うことで簡単に行えます。

タイ、ベトナム、カンボジアなどの主要都市間を結ぶ
移動手段はこのサイトがあれば完結です。

出発地、目的地、日付を入力して検索してみてください。
予約が完了すれば後日、確認書が送られてきますので
念のためそれを保存するかプリントアウトすれば確実です。

検索するとバス料金の安さに驚くと思います。

ホーチミンからムイネーというリゾート地まで片道5時間ほどで963円とか。

飛行機で移動して時短もいいですが、
夜行バスを使って安く移動しつつ、宿泊費をおさえるという選択も
旅も魅力です。


と言うわけで今回は
【現代版】素人でも個人旅行の完成度を高める方法
というテーマで

エクスペディア(航空券の予約)、
エクスペディア(ホテルの予約)、
12GO(アジア内のバスや電車移動)
についてご紹介しました。

繰り返しますが
色々旅をしてきた経験から言うと
旅は隙間を作るほうが面白いです。

1つ1つがツアーでガチガチに組まれたスケジュールを回るのは
旅ではなく「作業」という錯覚に陥る時があります。

まだまだ個人旅行には
現地内での短距離移動、通信、空港ラウンジなど
知っていれば便利なサイトやアプリがありますが

これから大阪に行くことになったので
それはまた次の機会に。

 

 

-コラム
-,

Copyright© 海外銀行口座で金利生活 , 2021 All Rights Reserved.