海外銀行口座で金利生活

カンボジア・ベトナム・インドネシア・トルコ他

インドネシア コラム

【海外銀行でFIRE実践】最短7月21日〜インドネシア編

投稿日:

こんにちは、【海外銀行口座で金利生活】のSHUN(@ kaigaikinri )です。

高金利(6〜13%) × 低物価(日本の2分の1ほど)の 海外銀行口座で定期預金を作り、その金利だけで 海外のベストシーズンを渡り歩く、セミリタイヤ計画を立てて検証中です。



さて、前回4月の記事で

【海外金利生活】6月、ついに開始!?

というタイトルで6月中にはインドネシアに行き
銀行の利息だけで1〜2ヶ月滞在するプランを書きました。

そしてそれに向けほぼ毎日、大使館情報とチケット情報をリサーチしていましたが、、、
6月中の渡航は断念せざるを得ませんでした💦

その理由は3つです。

1)インドネシア入国においても、国内の移動においてもまだ自由度が高くない

これは「在インドネシア日本国大使館」のページを見れば一目瞭然です。
現段階での最新情報(7月2日付け)として下記のように記されています。



●インドネシア入国の要件

 外国人の入国には、原則2回分のワクチン接種証明書(出発の14日以上前に必要回数(通常は2回)
 の接種完了を示すもの)の提示とアプリ「PeduliLindungi」のダウンロードが必要です。
 PCR検査の陰性証明書は不要です。

 健康上の理由によりワクチンを接種できない者は、入国時に、ワクチン接種証明書に代えて、
 ワクチン接種不適である旨の国立病院発行の診断書(英文)を提示しなくてはならないとされています。

 また、出発前に陽性となった場合、出発国の国立病院又は保健省発行のコロナ快復証明書を提示すれば、
 入国時のワクチン接種証明書の提示は不要とされています。

 日本からの入国の場合は、日本の医療機関発行の診断書であれば国立病院発行でなくても
 入国できていることを確認しています。
 なお、18歳未満の子どもは、ワクチン接種証明書の提示は不要とされています。

●インドネシア国内の措置

・インドネシア政府は、国内移動や商業施設利用等に際してワクチン接種証明書の提示を義務付けており、
 アプリ「PeduliLindungi」の利用を求めています。

・出国する場合を除き、国内移動の際の飛行機や中・長距離の電車、バス、自家用車の利用には、
 陰性証明書の提示が求められます。
 ただし、2回分のワクチン接種証明(書面かアプリ表示)があれば陰性証明書は求められません。
 随時、アプリ「PeduliLindungi」でのスクリーニングが行われています。


これを見る限り、ワクチンを2回打っていれば入国や国内移動ができなくはないですが、
以前のような自由な行動はかなり制限されてしまっていると感じます。

それであればまだあんまり行く意味ないかなぁ、、、
と思ってしまいますね。

2)飛行機チケットが高い or 少ない

コロナ前と比べて、便数が激減しているせいか

・高い
・不便
・時間がかかる

フライトしかありません。

セントレア発 ー バリ(デンパサール)着で来週の片道便の検索をした場合、

7月11日(月)、12日(火)では適したフライトはなく
ようやく7月13日(水)にマニラ経由で11時間【82,023円(片道)】
のチケットが見つかります。





それ以外は20時間以上かかるか
片道30万くらいかかるか、
で現実的ではありません。





コロナ前は直行便でもそれほど高くなかったり
より安い経由便の選択肢も多々あったりで

コスパ重視の私としてはまだ時期尚早かなと考えています。

3)トランジット(経由する)国の正確な情報も必要

上記の11時間【82,023円】の便だと
フィリピン(マニラ)を経由することになりますが、
ここでも注意が必要です。

ちなみにインドネシアに関しては先ほどの大使館サイトのQ&Aに以下があり、
インドネシアを経由してどこかに行くことは現状できません💦

Q:別の国を最終目的として、インドネシアでトランジットできますか。

A:現在、インドネシアでは、入国を伴わないトランジットは停止されています。
  インドネシアに入国するためには、原則、査証又はビザ・オン・アライバル(VOA)の取得が
  必要ですが、トランジットを目的とする査証は発給されていません。

  ただし、VOAを取得して第三国に出国することは認められています。

これはつまり、
経由する国の情報も的確に調べておく必要があるということで
日ごとに随時更新される各国の情報を的確にキャッチするのは中々大変です。
(とは言え情報収集は旅の醍醐味でもあるので上記1、2がクリアされれば行きますが)

さて、6月にインドネシアに行けない理由が長くなりました。

では一体いつ行くのか!?
と言うと

今のところ最短で7月21日(木)を考えています。

過去記事とかぶるところもありますが
私自身はコロナ前の2019年から

【海外金利でアーリーリタイヤ生活】



を目指し準備してきました。

事実、こうしている間にもインドネシアの3本の定期預金の利息
毎月入り続けています。



そして最近、このブログやインスタ、リアルなつながりで色々な方から
【海外金利生活】に関する問い合わせを受けるようになり、
改めて早く実践したいと感じています。

私がしたいのは単に「銀行の利息を使って遊んで暮らそう」という提案ではなく

今あんまり充実していない人や苦しんでいる人に対して

「少し視点を変えると、いろんな可能性があるから窮屈に考え過ぎないで」

という提案です。

結果としてそれで
ウツになる人や自殺する人が0になってほしいという願いでもあります。

日本だけで、同じ仕事や環境だけでずっと一生
と考えた時

うまくいかない状況が続くと絶望的になってしまう可能性があります。

・借金やローンのために一生働き続けないといけない
・将来が不安で夜も眠れない
・周りが出世していって取り残された気分になる

などがそれです。



日本だけで見た場合、低金利&物価高という観点から
セミリタイヤは果てしなく遠い道に感じますが

世界で見た場合、高金利&物価安という全く逆の観点から
セミリタイヤがグッと現実味を帯びてきます。

ちなみに私が考える「セミリタイヤ」とは決して
働かずに生活することではなく

【働かなくてもいい状態を作った上で好きな仕事をする】

ことです。

その状態であれば、「そこにしか居場所がない」といった窮屈さから解放され
行きたい時に行きたい人と行きたい所に行きながら、好きな仕事をする
という自由なライフスタイルを享受できるのではないでしょうか。
(注:自由がキライという人には当てはまりません。)


というわけで、今のところインドネシア行きは
最短で7月21日(木)を考えていますが



万が一その頃に状況が変わらない場合、次は
8月9月のトルコ

さらにその次は12月1月のベトナムが視野に入ってきます。



ちなみにベトナムはコロナ規制的にもフライト的にもすぐにでも行けるんですが、
現在雨季の真っ只中で、、、ベストシーズンとはかけ離れています😭

最後に、それぞれの国に到着したあとの流れを書いておきます。

・到着!!
 ↓
・銀行窓口またはATMで1年間の定期預金利息を引き出し
 ↓
・そのお金でホテルに2、3泊しながら
 ↓
・同じく利息で1〜2ヶ月滞在できる一軒家を探す(できれば3ベッドルーム)
 ↓
・またまた利息でメイドを雇い
 ↓
・空いてる部屋は友人に無料貸し出し
 ↓
・昼はお店でランチ、夜はお酒を飲みながらクッキング
 ↓
・その模様をSNS配信

1年間の利息でどんな生活をどれくらいの期間できるのか
を知ってもらえれば、リアリティを持っていただけるんじゃないかと思います。

世の中にはたくさんの選択肢があります。(特に日本では)
1度だけの人生を、可能性に縛られずに楽しんでいきましょう。

インスタもよろしくお願いします🌟
https://www.instagram.com/shun_traveller/

-インドネシア, コラム
-, ,

Copyright© 海外銀行口座で金利生活 , 2022 All Rights Reserved.