海外銀行口座で金利生活

カンボジア・ベトナム・インドネシア・トルコ他

投資全般

お金がないから投資できないのか、投資しないからお金がないのかという問題

投稿日:

こんにちは、【海外銀行口座で金利生活】のSHUN(@ kaigaikinri )です👍

私はもう20年前の会社員だった時から
給料のほとんどを投資に回してきましたが

それから20年経った今、
40代中盤が同年代ですが実感として
周りで投資をしている人は3割ほどです。

そして投資をしていない人は決まって

「お金がないから投資できない」
「お金ができたら投資したい」

と言うのですが、
20年の投資歴から見ると
それは考えが逆だと思うのです。

つまり

 

投資に意識を向ければ資産形成は早いです

決して投資を推奨しているわけではないんですが

 

投資について知らないからとか、ただなんとなく怖い

とかで足を踏み入れていないとしたらもったいないですよ
と言う話です。

さて、
今では短期・中期・長期に分けて10以上の分散投資を行っていますが
20代の時にそれほど投資に回せるゆとりがあるわけでは
もちろんありませんでした。

そこでどうしたかと言うと
給与額(収入)」から「投資額」を引いた残りを「生活費」としていたんです。

計算式で表すとこうです。

 

収入 ー 投資額 = 生活費

収入が20万だとしたらその半分の10万を投資額と決めて
残り10万で1ヶ月生活する感じです。



この計算式が普通は逆になってるんじゃないかと思います。

つまり

 

収入 ー 生活費 = 投資額(または貯金額)

給料からいろいろ使った残りを投資や貯金に回すという感じですね。

これだと、月により投資(貯金)額にムラができ、
人は弱い方に流される原理から言って

 

投資や貯金に回すお金はほとんど残りません

20万から
家賃5万、水道光熱2万、通信1万、食費4万、交際2万、娯楽3万、雑費2万
だとすると残りは1万です。



月1万だと、やらないよりはマシではありますが
効果を感じるまでに20年以上かかるでしょう。

ですのでポイントは

 

投資額を最初に確保して残りでなんとか生活する

ことで、生活の工夫が生まれます。

それを数年続ければ
おそらくは投資のすごさを実感すると思います。

月10万を年利10%で分散積立すると単純計算

年120万 × 10% = 12万/年

 

で、月1万ほど昇給したことと同じになります。

 

今、会社員から遠ざかっているので昇給の相場について知りませんが
コンスタントに月1万円昇給するのは相当難しいことではないでしょうか?

そしてさらに言えば2年目以降は

①投資によって得た12万からさらに年1.2万(月1,000円)が生み出され
②1年目にしている積立分から再度、月に1万が生み出され
③あわせて新たに月10万の積立を継続していくことでそこからまた月に1万

つまり2.1万、月の給料に上積みされるイメージです。



これを5年続けるとどうなるかは想像つきますね?

というわけで、お金に働いてもらう「投資」は昇給より、
よほど簡単だと思うのですが、1歩目が怖いのも事実です。

そんな方は是非こちらをご覧ください。
安定的に年利10%を狙う方法(具体例あり)
安定的に年利10%を狙う方法2(具体例あり)
投資信託で簡単に年利10%を狙う方法

まとめます。

投資をしていない人は決まって

「お金がないから投資できない」
「お金ができたら投資したい」

と言うのですが、
20年の投資歴から見ると
それは考えが逆だと思うのです。

つまり

 

投資に意識を向ければ資産形成は早いです


というお話でした。

-投資全般
-, ,

Copyright© 海外銀行口座で金利生活 , 2021 All Rights Reserved.