海外銀行口座で金利生活

カンボジア・ベトナム・インドネシア・トルコ他

投資全般

投資信託で簡単に年利10%を狙う方法

投稿日:

こんにちは、【海外銀行口座で金利生活】のSHUN(@ kaigaikinri )です👍

「誰でも買える」大手証券会社の投資信託でも
年利10%を狙うことは十分に可能です。

ファイナンシャルプランナーでも投資家でもない私ですが
事実8年ほど、その実績があります。

今回はそれをお伝えしていきます。

さて、
投資初心者でも年利10%を狙う

うえで一番簡単なやり方は

 

分配金で年利10%を目指す

ということです。

これにはもちろん、賛否両論あるのは知ってます。

投資信託を運営する側としては分配金として
放出してしまうと、資金が減り、運用に支障をきたす場合があること
そして投資の最大のポイントである複利効果を得られなくなること

それが
【分配型投資信託】の否定派意見
です。

もちろん、この意見はもっともで
私も今は分配型投資信託は選んでいません。

ただ、投資初心者にとってやはり一番わかりやすいのが
分配金であるのは事実で、それが毎月入ることで
投資へのアンテナが高くなっていくと思っています。

そう言う意味で
「お金がないから投資できない」とか
「何から始めたらいいかわからない」とか
言って、投資に興味があるのに一歩踏み出せていない人は

まずは

毎月分配型投資信託の少額積立

から始めると良いと思います。

よく、キングコングの西野さんが
「打席に立たないとアウトにもならないがヒットも打てない」
「ヒットの打ち方をわかるためにアウトになる方法も試す」
的なことを書いていますが、まさにその通りです。

とりあえず打席に立って、とりあえず振ってみれば
それがアウトになる方法なのか、ヒットになる方法なのか
がわかります。

それが全てのスタートです。
というわけで、

 

年利10%の投資信託を選ぶ方法(SBI証券版)

スタートです。

まずはSBI証券の口座を開設します。
この時、あわせてNISA口座か積立NISA口座も開設しておいてください。

年間120万(月に10万)ほど積み立てると思えばNISA口座
もっと少額なら積立NISAでいいでしょう。

そしてログインID、パスワードが届いたら
ログイン後、SBI証券口座に入金。

入金額が反映されたことが確認できたら早速、
投資信託選びスタートです。

 

まずは投信を選択

次に左側「投資信託を探す」から

 

「条件検索:パワーサーチ」を選択

SBI証券で扱っている投資信託の一覧が表示されます。
2,000本以上あることがわかります。

このままだと選ぶ基準がないのでまずは
分配金狙いで検索することに。

「決算頻度/分配金額」から

 

「条件を選択」をクリックすると

どれくらいの分配金がどれくらいの頻度で支払われるのか
そしてその投資信託の本数がわかりやすく表示されます。



ちなみにこの分配金は1口当たりの分配金です。

ここではあえて、分配金額がある程度高そうで
毎月入ってくるタイプのエリアを3つ選びました。



それだけだとまだ本数が多く絞りにくいので次に

 

・純資産 ・基準価額 ・償還まで

を選んでいきます。

純資産とは運用している資金の規模なので多め、
基準価額は安すぎず高すぎず(基準は10,000円)
償還までは長ければ長いほど良いでしょう。

ここでは
・純資産・・・100億円以上
・基準価額・・・10,000円以下
・償還まで・・・無期限



としました。

すると最終的に6本の投資信託が表示されました。

ここで、

 

「現段階での分配金の利回り計算」

をしてみます。

投資信託一覧の上にある「分配金情報」を押してみてください。



その投資信託の今の金額と、それに対する直近の分配金が表示されます。
この「直近分配金」が毎月、変わらない前提でいくと

(直近分配金×12ヶ月)/基準価格
を計算することで手数料や税金を考えない【年間利回り】を
知ることができます。

一番上の投資信託
「大和ーダイワJーREITオープン(毎月分配型)」
を見てみましょう。

直近分配金80円×12ヶ月=960円(年間にもらえる分配金)
960円÷4,976円=0.1929、、、

つまりこの投資信託は現時点では

 

年利19%強の分配金がある投資信託

ということが言えます。

注意点としては
・分配金は減ることもあれば増えることもある
・基準価額は日によって変わる

ということで、それにより当然利回りが変わってきますが
投資のスタートとしては致命的なダメージを受けない範囲の
余裕資金のごく1部をこういった選び方にするのはアリ
だと思います。

そして、できれば分散するとよりベターです。

この画面で言うと、
J-REIT・・・日本不動産
USリート・・・アメリカ不動産
と言う風に。

本当は不動産だけでなく
株や債権、コモディティ(金などの資源)も
入れるとより良いんですが
毎月分配型にそう言ったものは少ないみたいですね。

ちなみに私が数年前に買った毎月分配型の投資信託は
分配金が当時より下がっていますが長期で保有することで
分配金だけで元本が回収できたりします。



というわけで今回は
投資初心者でも年利10%を狙う
うえで一番簡単なやり方は

 

分配金で年利10%を目指す

というテーマで
「まずは打席に立ってみる(一歩踏み出してみる)」
ということをお伝えしました。

余談ですが、
私はこの方法をスタートしてから
経済や国際情勢にアンテナが立ち
視野を広くすることができたと思っています。

-投資全般
-, ,

Copyright© 海外銀行口座で金利生活 , 2021 All Rights Reserved.