海外銀行口座で金利生活

カンボジア・ベトナム・インドネシア・トルコ他

コラム メリット

【ヒント】銀行口座の金利だけで海外移住できるはず

投稿日:

こんにちは、【海外銀行口座で金利生活】のSHUN(@ kaigaikinri )です👍

高金利(6〜13%) × 低物価(日本の2分の1ほど)の 海外銀行口座で定期預金を作り、その金利だけで 海外のベストシーズンを渡り歩く計画を立てて去年から検証中です。

 

さて、1年近くに渡って
【金利で海外移住】をテーマにブログを書いてきました。

そして本来なら今年の6月からまず
銀行定期口座の金利だけで2ヶ月間、バリ島に滞在しようと思っていましたが
まさかの新型ウィルス、コロナの感染拡大により一時停滞中です。

私はかねがね、

「行動計画にもっと天気の要素を取り入れればいいのに」

 

と思ってきました。

私は今、週間の天気、気温、湿度を見て参考にしながら
仕事のスケジュールを立てたり、出かける場所を決めています。



天気によって過ごしやすさも気分も、
仕事ならはかどりぐあいも全く違うものになるからです。

大雨の日に車で出掛けたくないし
暑い日にダラダラ汗をかきながら外を歩きたくない。
(そうせざるを得ない方、ごめんなさい!)

それでもこれまでは、「雨だから仕事に行かない」という
わがままは当たり前のように社会不適合の烙印を押されてきましたので
非効率、不合理だとは思いながらも仕事に向かっていたわけですが

コロナがもたらした唯一(?)のメリットが
「どこでも仕事ができる雰囲気を作ってくれた」
です。

仕事の内容にもよりますが
今なら自然と「オンライン会議にしましょう」
と言いやすい雰囲気があります。

それでもどうしても人に会わないといけない、
現場にいかないといけない場合は出ますが、
その機会を極力減らしています。

そんなことを意識しつつ

6月〜7月には沖縄

8月には北陸と、

北海道に行ってきました。



10月は北陸、鹿児島、
12月は2回沖縄の予定です。
(本来なら全て海外だったんですが、、、)

6月から7月にかけて、
本州がまだ長い梅雨でジメジメしている頃、
沖縄はすでに梅雨が明けており快適でした。



8月、本州が酷暑と台風に悩まされている頃、
北海道の空気と風は快適でした。



過ごしやすければ自ずと気分は高まり
クリエイティブな発想が生まれやすくなります。

それがさらなるアイデアと行動につながり
好循環としてくるくる回り始めます。

この循環を作るには最初、勇気とパワーが必要ですが
意識していれば必ずその状態は作れます。

あくまでそれを望んでいれば
の話しですが。

一番の敵は
「今の環境が当たり前」と思って変化をこばむことです。
(変化しようとしないのも同じこと)

アクションを起こさなければなにも変わらないことは
40数年生きてきて知っていますから、
現状→変化→循環に変わるまでトライし続けます。

実際、沖縄で海を見ながら仲間と語り合った時には
新しいビジネスのアイデアが生まれましたし



北海道の自然に囲まれながらただボーッとしてた時には
次にすべき事柄が明確になりました。



もしあなたが、

「365日、過ごしやすい場所で過ごせたらもっと人生ハッピーなのにな」

と思ったとしたらそれは変化のチャンスです。

それは「どうすればそれができる?」という問いかけに変わり
その問いかけに対し脳は自ずと答えを探し始めるでしょう。

もしかすると
仕事を変える必要が出てくるかもしれない
ライフスタイルを一変する必要があるかもしれない
自分が動かなくても生活できるお金が必要になるかもしれない

でもそのいずれもが行動のキッカケになります。

誤解されないように書いておきますがなにも
「365日、過ごしやすい場所で過ごせたらもっと人生ハッピー」
が全ての人の正解ではありません。

そんなことより
「他人が喜ぶ顔が見たい」とか
「日本だけで安定した生活がしたい」とか
「人生は修行の場だから忍耐力を身につけたい」とか

私の価値観とは全く違う正解ももちろんアリで、
要するに、自分自身の価値観に合った問いかけをすれば
それを叶えるための答えを脳が探し始める、という主旨です。

でももしあなたのライフテーマが【自由】であれば
私と近いものになるでしょう。



あくまで私の価値観、ですが

住みにくい季節に住みにくい場所にいることは人生ロス

です。

せっかくの人生、

ベストシーズンにベストな場所で住みたい

 

そう考えてしまいます。

そして【自由なライフスタイル】を実現させるにあたって
かなり大きなウェイトを占める問題が【お金】です。



現実問題として、
どこかに定住しなければ生活できるお金を得られないとしたら
まずはそこから準備が必要です。

と言うわけで私が最初に着手したのが
「海外銀行口座の定期預金」であり、そこから得られる
「金利をベースに海外移住する」というものです。

そしてそれこそがこのブログのテーマです。

その実現に向け私がまず行ったのは

金利が高く、物価が安い国のリストアップ

です。

そして次に、

外国人(日本人含む)でも銀行口座を開設できる国・銀行を調べました。

そのあと実際に
それぞれの国に行って銀行で定期預金口座を開設してきました。



ここまでが準備段階です。

そして本来は今年から実際にその

金利だけで海外移住が可能かどうか

を検証していく予定でしたが前述の通り
コロナのため一時停滞中です。

コロナが収束し、渡航が日本・海外ともにOKになれば
すぐにでも検証スタートです。

検証は今のところ、以下を考えています。

1)片道の飛行機チケットと最初の1〜2泊のホテルだけ取って平日に現地入り

 

2)口座を開設した銀行に行って1年分(場合によっては2年分)の定期金利を受け取り

 

3)現地で2〜3ベッドルームの1軒家をまず1ヶ月借りる(できればオーシャンビュー)

 

4)日本から仲間を交互に呼ぶ→飛行機チケットだけは本人負担。現地滞在はフリー

 

5)仲間には滞在中、空いているベッドルームをフリーで使ってもらう。

 

6)食事はスーパーや市場で食材を買い、基本は自炊(というかホームパーティ)

 

7)その家が良ければさらに1ヶ月延長、イマイチなら別の1軒家に

 

この1)〜7)のステップをシーズン毎に4ヶ国でやってみようと思っています。

自分一人なら間違いなくこれで成立するのですが
2ヶ月も海外に一人で居てもヒマなだけなので
4)5)6)が重要です。

と言っても今まだ私の周りに
1週間ほど旅行できる人はそれほど多くないので
今年の残りはそんな仲間を見つけることにも力を注ぎます。

またこのブログでも旅仲間の募集をかけるかもしれません。



同様に、同じライフスタイルをしてみたい方に向けた
コンサルもしていく予定です。

つまり、月間の気候予測などを見て

来月はこの場所が過ごしやすそうだから移動しよう、しかも銀行金利だけで

 

というライフスタイルです。

ちなみに各国の銀行口座の作り方と注意点はこのようにご紹介しています。

インドネシア編
カンボジア編
ベトナム編
トルコ編

が、実際にやってみると意外と簡単ではないです。
というより、口座自体は作れてもその後のルール把握や
メンテナンスが重要になってきます。



コンサルではその辺りをフォローしながら、また

【金利で海外移住】の仲間として

一緒に人生を楽しんでいければと思います。

最後、繰り返しですが

私はかねがね、
「行動計画にもっと天気の要素を取り入れればいいのに」
と思ってきました。

大雨の日に車で出掛けたくないし
暑い日にダラダラ汗をかきながら外を歩きたくない。

もしあなたが、
「365日、過ごしやすい場所で過ごせたらもっと人生ハッピーなのにな」
と思ったとしたらそれは変化のチャンスです。

高金利 × 低物価 × ベストシーズン
の考えを人生に取り入れれば、

意外と早く、それは実現するかもしれません。



その循環を作るには最初、勇気とパワーが必要ですが
意識していれば必ずその状態は作れます。

海外銀行口座の定期預金から得られる金利を
ベースに海外移住して、人生をもっと楽しみましょう!

-コラム, メリット
-,

Copyright© 海外銀行口座で金利生活 , 2021 All Rights Reserved.